読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千里の一歩は日々の中に

生きてるだけで丸儲け。日々のなにげない生活の中に幸せと成長を見つける!

初めてのキャンプ!初心者が悩む道具のお話④ 明かり(ランタン)編

自然

 

1000ri-ippo.hatenablog.com

 

 

テントに続いてランタンについても迷うんですよね〜。普段の生活では明かりなんてあって当たり前ですし、外には街灯があるし、暗かったら懐中電灯使うくらいしか明かりについて考えることなんてないですもんね。

 

そんなわけで私が迷ったランタンの選び方についてです!

 

  1. まずはランタンの種類について知ろう!
  2. 選ぶ基準について知ろう!
  3. どこに欲しい明かりかを考えよう!

1.まずはランタンの種類について知ろう!

ランタンには大きく分けて3つの種類があります!燃料で3つに分類されます。ガソリンタイプ、ガスタイプ、電池タイプです。この中から自分の目的にあったものを選ぶんです。キャンプの初心者からしたら、「選ぶって言われても、何を基準にどうやって???」っていうのが本音ですよね。

 

2.選ぶ基準について知ろう!

どの燃料を選ぶかっていうことがまずは第一基準ですよね。燃料による特徴は、ガソリンは明るい、ガスはガソリンよりは暗いけど電池よりは明るい、電池は火事にならないっていうことです。どこでどんな明かりが欲しいかっていうことがポイントですね。

 

3.どこに明かりが欲しいか考えよう!

まず、キャンプ場っていうのは基本的に真っ暗です。実際にはお隣さんのライトなんかがあるので多少明かりはありますが。。。真っ暗な中だとしたら、テントの中に明かりって必要ですよね。寝るのに真っ暗じゃ、寝袋の場所もわからないですから。というわけでテントの中に一つは欲しい。寝るところに置くランタンが燃えちゃまずいっていうことで、電池式は一つマストアイテムです。

ちなみに私が購入したのは、こちら。

 ライト部分が4つ取り外し可能。家族が一人トイレに行っても大丈夫!というもの。便利ですよ~。

コールマン ランタン CPX6 クアッドLEDランタン 2000013183

コールマン ランタン CPX6 クアッドLEDランタン 2000013183

 

 この一つで明かりが足りるかっていうと、足りなくはないけど、一人がテントの中でもう一人はまだ起きてるって場合を考えると、リビングスペースになるところにも一つは欲しいですよね。

ガソリンか、ガスか。で、ここでポイントになるのは、料理をガソリンでやるか、ガスでやるか。燃料を揃えたほうが荷物を減らすこともできるし、使いまわしができるからいいっていうことを学びました!でも、うちは別にガソリンものもガスものもどちらの調理器具も持っていなかったので、どうしたもんかな~って考えていたところ、ガス式はカセットコンロ用のガスボンベが使えるタイプがあるということを知りました!

 

ソト(SOTO) フォールディングランタン ST-213

ソト(SOTO) フォールディングランタン ST-213

 

 というわけで、こちらを購入。家庭用のカセットコンロ(冬にお鍋とかで大活躍するヤツ)のガスボンベが使えるんです!だったら何かとよくないですか?冬に使わなかったガスボンベがそのまま使えるってことですよ!なんと便利な!って思いましたね。

 

アウトドアってどうしても荷物が増えちゃいます。もちろんキャンプに行くときに車の中のスペースがなくなるっていうのも一つなんですけど、家に保管しておくのも場所が必要ですよね。そう考えるといかに省スペース、省道具できるかがかなり、とっても、すごく重要な気がします。ランタン選びでもそんなところがポイントになるんですね!

 

というわけで、初心者向けのランタンの選び方でした!

 過去にもこんな記事を書いてますので、ぜひご参考下さい!

1000ri-ippo.hatenablog.com

 

 

1000ri-ippo.hatenablog.com