読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千里の一歩は日々の中に

生きてるだけで丸儲け。日々のなにげない生活の中に幸せと成長を見つける!

5歳児が布団にダイブ!その先に待ち受けていた地獄とは・・・

子育て

f:id:u_suke0104:20160725215507j:plain

 

うちの次男、落ち着きがないことで有名です。男の子だし、ちょっとくらい落ち着きがないほうが、父親としてはうれしいもんです。

 

で、この週末にその彼がやらかしましたよ。

 

妹夫婦が遊びに来ていて、おもてなしバーベキューで盛り上がってそろそろお開きかなぁって思ってた矢先に痛い、痛いと泣きながら寄ってきた次男。

 

パパ:「どうした?」

次男:「ふとんの上で飛んでたら、ぶつけた」

パパ:「ふとんのうえ?暴れてるからそうなるの。どこがいたいの?」

次男:「(肩をおさえて)このへん」

 

肩の一番端っこを抑えてたから、筋でも違えたかと思って、早く寝るようにアドバイス。

男の子が3人いると、誰かがぶったとか、どこかが痛いとか、1分ごとに状況が変わるくらいの環境なので、「いつものことだろう」と思ってとりあえず寝かせた。

 

翌日・・・。

 

朝起きてきても、肩の痛みを訴える次男。

脱臼か? でも、動くしな。

筋を違えたか? 捻挫的なものかな。

 

なんて思ってましたが、こんなに長いこと痛いだ、なんだって言い続けるのは相当珍しいので、ちょっと心配になって救急病院へ。

 

整形外科の先生はいませんでしたが、外科の先生に診てもらったら、

「うーん、これはレントゲン撮らないとわかんないなぁ」

 

で、パシャリ。

 

「鎖骨骨折です。」 

どっひゃ~!!!マジですか?!

布団にダイブしただけですよ?

そんなんで骨折れるの?

私も妻も、骨折経験なく、そんな簡単に折れるとは思っておらず。

まさか骨折してたとは!!!

 

というわけで、速攻で日曜日もやってる整形外科を探して固定。

骨折って固定か手術しかないんですね。ま、そうですよね、物理的に折れてますもんね。

 

この夏休みという一大イベントを骨折からスタートさせた次男。

まいったなぁ。でも、いい経験だよなぁ。両親も本人も。

その場で病院に行かなくてごめんなぁって謝っておきました。

子育て中の判断のむずかしさを痛感。後悔先に立たず。

 

本人には

「早く治すには牛乳いっぱい飲んで、シシャモ食べるしかないぞっ!」って言ったら、ずっと牛乳飲んでる。幼稚園児ってかわいいぁ。